白い歯にしたい

HOME > 院内歯科治療 > 白い歯にしたい

白い歯にしたい

目次

 

笑った時に見える歯が白いととても印象に残ります。
逆に、歯が黄ばんでいたり詰め物や被せ物が見えると、歯を見せて笑う事に抵抗を感じます。
歯が白いことで笑顔が増える・・・そんな白い歯にする方法として、下記の3つがあります。

1.ホワイトニング

「毎日歯磨きしているのに、なんだか歯がいまいち白くない・・・」
磨き残しや、加齢等の原因での着色は、ブラッシングでは取り除くことができません。

歯を白くする方法として「ホワイトニング」があります。
ホワイトニングについて語っている当院歯科医師の青木先生のインタビューも併せてご覧ください。

【A】ホームホワイトニング(マウスピースを使って自宅で行います)

着色した歯の色を、短期間で安全で効果的にホワイトニングができます。
このシステムは、日本で初めて厚生労働省の認可を受けたホワイトニングシステムです。
1日2時間程度の使用で、効果を得ることができ、2週間程度で輝く白い歯になります。(個人差があります)

流れは下記のとおりです。

1.ホワイトニングについての説明・マウスピース作製のための型取り
2.写真撮影(使用前・後の比較のため)・マウスピース試適・ホームブリーチング開始
3.(2週間後)色のチェック・写真撮影

【B】オフィスホワイトニング(当院で行います)

院内のみで行い、短時間で白くすることができます。
1回1時間30分を基本とします。

流れは下記のとおりです。>

1.ホワイトニングについての説明・写真撮影、クリーニング
2.オフィスホワイトニング開始・1回1時間30分~2時間程度
3.色のチェック・写真撮影

ホワイトニングQ&A

PMTCとホワイトニングの違いは?

PMTCは泥んこになったTシャツを洗剤で洗濯して白くするようなもの、ホワイトニングは黄ばんでしまった白いシャツを漂白剤で白くするようなものとお考え下さい。

希望する白さになるのでしょうか?

必ず効果はあるのですが、限界もありますのでご希望の白さをお伝えください。
漂歯専用の色見本で確認しながら、実現可能かどうかお知らせ致します。

ホワイトニングの効果はどれ位続きますか?

歯の状態にもよりますが、通常6ヵ月程度で若干後戻りする場合があります。
その場合でも歯のクリーニングとタッチアップを行うことにより、白さを維持する事が出来ます。

ホワイトニングに使用される薬剤は安全ですか?

適正な使用のもとでは、歯および人体に悪影響はありません。
過酸化水素は毒性や副作用を有する事もなく、水と酸素に分解されます。

2.PMTC

PMTCとは、歯磨きのプロフェッショナル歯科衛生士による徹底的なお口のクリーニングです。
歯が白くなるだけでなく、虫歯や歯周病の効果も得られ、さらには歯がツルツルピカピカになりとても気持ちがいい体験です。
詳しくは虫歯予防のページをご覧ください。
⇒虫歯予防

3.白い被せ物・詰め物

「笑った時に見える銀歯がずっと気になっている」
詰め物被せ物を白い素材に替えるだけでグンと印象が良くなります。
詳しくは料金表のページをご覧ください。
⇒虫歯予防

ネット予約 初診 ネット予約 再診