症状別

HOME > 院内歯科治療 > 症状別

症状別

虫歯や歯周病以外でも、歯医者さんで治療することは多くあります。
それぞれお悩みの症状別の治療法についてもご紹介します。

歯ぎしり

「夜寝ているときの歯ぎしりの音、すごいよ」と家族に言われて初めて自分の歯ぎしりに気が付いたという方、いらっしゃるのではないでしょうか?
寝ている間の歯ぎしりや食いしばりは、本人に自覚症状はありません。
緊張するなどのストレスが原因の場合もあります。
歯を摩耗するだけでなく、歯をグラつかせてしまう原因にもなります。
マウスピースを装着し症状を緩和する事も出来ますので、ご相談ください。

摂食嚥下(せっしょくえんげ)

普段当たり前のようにしている食べる、飲むという行為を摂食嚥下といいます。
ところが、加齢や脳梗塞などの疾患により、その当たり前がうまく出来なくなることがあります。
「最近、食べ物が飲み込みにくい」
「よくむせるのよね・・」
そんな症状がある場合、摂食嚥下障害の可能性もあります。
摂食嚥下障害は、誤嚥(ごえん)を引き起こし、誤嚥性肺炎の原因になります。

詳しい内容は、下記ページにありますのでご覧ください。
⇒摂食嚥下障害・訓練・リハビリ

口臭が気になる

「妻に口が臭いと言われた」
お口のにおいは、自分では気づきにくいものです。
「口臭はどの病院にかかればいいのだろう」実は、歯医者さんなのです。
原因の約9割は歯周病によるもの、つまり歯医者さんで治療できるのです。

治療の必要な「病的口臭」と、治療の必要のない「生理的口臭」があり、それぞれ以下の通りです。

病的口臭

歯周病/舌苔(ぜったい) /プラーク (歯垢)・歯石/よだれ(唾液※)の減少/耳鼻科の疾患・全身疾患
※唾液(だえき)は口の中をキレイにする役割があります。
それだけでなく、細菌の活動を抑える作用、飲み込みやすくしたり、そのほかにも多くの大切な役割があります。

生理的口臭

起床時口臭/空腹時口臭/加齢性口臭/疲労時・緊張時口臭/飲み物・食べ物・嗜好品による口臭/ホルモンの変調による口臭

親知らずが痛い

親知らずは、歯ブラシが行き届かず虫歯などのトラブルになりやすい歯です。
また、まっすぐ上に向かって生えていないことでトラブルを起こすこともあります。
抜いたほうがいいのか、抜かなくてもいいのか判断できないことも多いようです。
親知らずを抜いた人から「腫れた」「痛い」という話を聞くと、ドキドキします。

「親知らずが痛い」
「抜くか抜かないかの判断基準が分からない」
まずは一度ご相談ください。

知覚過敏

「冷たいものを食べたり飲んだりすると歯がしみる」
もしかしたら知覚過敏かもしれません。
知覚過敏の主な原因は主に下記の3つです。

磨きすぎ

歯の表面は人間の組織の中で一番固い「エナメル質」ですが、強く磨きすぎると削れます。 その下の象牙質(神経につながっています)が露出することで知覚過敏になります。

歯周病

「歯周病」と「知覚過敏」がどうして関係あるのでしょうか?歯周病の進行によって歯槽骨の吸収が進み、その結果、歯ぐきが下がり、象牙質を露出させることで知覚過敏になるからです。

歯ぎしりや食いしばり

歯ぎしりや食いしばりは、無意識にしてしまいます。
歯の表面が削られることや、「マイクロクラック」という小さいひび割れが出来ることで知覚過敏になります。

痛くない歯石除去

「昔、歯石取りをしたけど、結構いたかったんだよな」
そんな記憶がある方もいらっしゃるのでは?

一度取ってもまた歯石が溜まるのは何故なのでしょうか? 歯石は、歯垢と唾液があれば、どんどん出来てしまいます。
その歯石が細菌の巣になり、虫歯や歯周病の原因になります。
早め早めの処置が、歯石取りを楽に済ます秘訣です。

ネット予約 初診 ネット予約 再診