子どもの歯を守りたい

HOME > 院内歯科治療 > 子どもの歯を守りたい

子どもの歯を守りたい

子どもの歯はむし歯になりやすく進行も早いので、積極的なむし歯の予防処置が効果的です。
このページでは予防に効果を発揮する、「フッ素」「シーラント」「仕上げみがき」「キシリトール」の基本的な知識をご紹介します。

子どもの歯のためにするといいこと4つ

フッ素塗布

フッ素には歯をかたくする効果があり、むし歯を予防することができます。
特に乳歯や生えて間もない永久歯には有効的ですが、その効果は永久的ではありません。
定期的に歯医者さんで塗布することと併せて、ご家庭でもフッ素入り歯みがき剤を使われることをおススメします。

シーラント

奥歯の溝の部分は、非常に食物がたまりやすいうえに歯磨きがしづらいため、生えたての奥歯はむし歯になってしまいがちです。
そこで、溝の部分に「レジン」という素材を埋めることでむし歯になりにくくする方法があります。
それがシーラントです。
歯を傷つけることなく、奥歯をむし歯から守ります。

仕上げみがき

子どもがひとりで上手に歯をみがけるようになるまでは、お父さんお母さんの仕上げみがきの時期が続きます。
お口の中をしっかりと診て、歯と歯のすき間、歯の裏側、奥歯の歯ブラシの届かないところは、特に気を付けて磨いてあげてください。
「子供の歯磨きは、本当に一苦労・・・」
そんなお父さんお母さん、ぜひ3人のお子さんのお父さんでもある菊岡院長のインタビューをご覧ください。
ご自身のお子さんの歯磨き体験をはじめ、アドバイスもしています。

キシリトール

キシリトールは世界中の国々で、予防効果と安全性が認められています。
「砂糖」は、むし歯菌によって分解され「酸」を作り、むし歯を作りますが、キシリトールはむし歯のもとの「酸」を作りません。
キシリトールを取ることで口の中のむし歯菌が減り、結果としてむし歯予防につながります。
製品に含まれるキシリトールが多いほど予防効果が高くなります。
当院では、歯医者さんでしか買えない様々なキシリトールグッズを販売しています。
「どれにしたらいいのか、わからない」
そんな時は遠慮なくスタッフにお声がけください、ご案内させていただきます。

子どもの歯を守るためのマメ知識~「感染の窓」って?

むし歯は「感染症」です。
インフルエンザや風邪のように、感染するのです。
むし歯にも感染経路があるので、それを断てばリスクを低くする対策ができるはずです。

実は、むし歯が一番感染しやすい時期があります。
1歳7ヶ月?2歳7ヶ月の1年間です。
その時期のことを「感染の窓」と呼びます。

どうして窓なのか?
窓を全開にしているがごとく、その時期はたくさんの菌を受け入れてしまうからです。

どうしてその時期なのか?
生まれたての赤ちゃんのお口の中は無菌です。
でも、日々の生活の中でいろいろな菌・・・いい菌も悪い菌も入ってきます。
菌自体が入ることが悪いのではないのです、いい菌が多くなるようにすればいいのです。
お口の中には実に300~700種類の細菌が生息しているといわれます。
その勢力図(細菌叢:さいきんそう、フローラ)が決まるのが、その「感染の窓」の時期なのです。
さらに、ミュータンス菌は歯がないと生きられない菌なので、歯が生えそろう時期と感染の窓が重なるのはそういった理由もあります。

長い時間一緒にいるお父さんお母さん、そしておじいちゃんおばあちゃんにもまずは知っていただくこと、そしてご自身もお口の環境を整えることが、お子様のむし歯菌感染予防を最小限にするポイントなのです。

周りの大人のお口をキレイにして、お子様にむし歯0をプレゼントしませんか?
そのお手伝いをひまわりデンタルクリニックが出来れば幸いです。

ネット予約 初診 ネット予約 再診