歯が痛い/虫歯予防

HOME > 院内歯科治療 > 歯が痛い/虫歯予防

歯が痛い/虫歯予防

この間から奥歯が痛い、虫歯かもしれない」
「この歯と歯の間の黒ずみは、やっぱり虫歯なのかしら」
そう思っても、なかなか歯医者さんに足が向かない、そんな方も多いのでは?
こちらでは当院の虫歯の治療についてと、その予防についてお伝えします。

虫歯の治療~虫歯はどうしてできるの?

虫歯が痛い場合はまず痛みを収め、虫歯を除去して詰め物や被せ物をします。
当院では、虫歯治療の際に痛みを感じないように細心の注意を払っております。
実際どのようなことをしてるのか?当院歯科医師のインタビューをご覧ください。

虫歯はどうしてできるのでしょうか?
「ミュータンス菌」と「ラクトバチラス菌」による「感染症」です。
「ミュータンス菌」が糖分をエサにして酸を作り、歯を溶かします。
放置しておいても治りません。
これらは、赤ちゃんのお口の中にはいない菌です。
かつ、歯がないと生きていけない菌なのです。
周囲の大人から貰ってしまい、住み着いてしまうと簡単には除去できません。
詳しくは「子どもの歯を守りたい」のページをご覧ください。

予防のための最適プログラム~PMTC

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning:プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング)は、歯科医師や歯科衛生士が特殊な器具を用いて、落としきれない歯の汚れや歯石や細菌を徹底的に除去する清掃プログラムのことです。

残念ながら、自身での歯磨きは50%、デンタルフロスを使っても80%しか歯の汚れが取れないといわれています。
どう頑張っても、自分の口の中を自分の目で直接見ることはできません。
そこは、お口をキレイにするプロに定期的にチェックしてもらい、徹底的にきれいにしたほうが間違いないのです。

残念ながら、自身での歯磨きは50%、デンタルフロスを使っても80%しか歯の汚れが取れないといわれています。
どう頑張っても、自分の口の中を自分の目で直接見ることはできません。
そこは、お口をキレイにするプロに定期的にチェックしてもらい、徹底的にきれいにしたほうが間違いないのです。

プラークや歯石は、細菌バイオフィルムを作ります。
「バイオフィルムって何?」

分かりやすい例は、排水溝のヌメヌメです。
バイオフィルムは歯ブラシでは落ちません。
プロが目視できれいに落としていきます。

そして、PMTCのいいところがもう一つあります。
「まるでエステサロンのように気持ちがいい」というところです。
PMTCでは、歯を削るような独特の金属音はありません。
歯がきれいになる上、今よりさらに健康になるために歯医者さんに来ているという安心感もプラスされます。
施術後は、歯の色もすっきりキレイになり、歯の裏側がツルツルした舌ざわりになり、癖になる気持ちよさです。
私たちはPMTCによる「気持ちよさとくつろぎ」を、多くの方に体感して頂きたいと願っています。
美容院やエステサロンに行くような感覚でご来院いただけると幸いです。

歯医者は「治療のために通う場所」から「虫歯予防のために通う場所へ」

大人にとって歯医者さんは「歯が痛いから」子供も「学校の歯科検診で手紙をもらってきたから」と仕方なく行く場所かもしれません。

確かに今までは、治療のために通うちょっと嫌な場所でした。
しかし、今ではそのように嫌なことをする場所ではなく、そのようなことをしなくても済むために「お口の健康を継続的に管理するために通う場所」に変わりつつあります。

ひまわりデンタルクリニックは、あなたの健康づくりのサポーターです。
実際、お口のお手入れをなさる高齢の方は元気でいらっしゃる傾向が強いようです。
(そのことに関して語っている院長のインタビューをご覧ください。)
お口から自分の好きな物をしっかり食べられる・・・すると心も体も健康になります。
今どきの歯医者さんが考えているのは、全身の健康の礎のためのお口の健康です。
「口の中の事は、そこで完結なんじゃないの?全身の健康が関係あるの?」
虫歯も歯周病も感染症で、歯周病は生活習慣病でもあります。
歯の健康は体の健康に直結するという事を一緒に学んで「自分の健康は自分で守り育てる」という意識を患者さんお一人お一人に持っていただければこんなに嬉しいことはありません。

そのために、私たち専門家によるケアとご自身による毎日の歯磨きの両輪が大事なのです。
二人三脚でケアし続けるのが、効果的で賢い方法です。

ネット予約 初診 ネット予約 再診